ものぐさ女子のライフハック

ものぐさ女子が自ら実践する毎日が楽になる(かもしれない)アイデアいろいろ

断捨離がはかどるパワーワード

断捨離はかどっていますか?

断捨離のモチベが上がらないとき、断捨離実践者の方とか、ミニマリストの方とかのブログを読んでは自分を鼓舞しています(笑)。

さて、最近ふいに気づいたことがありまして。
それは、断捨離がはかどる言葉=パワーワードです。

「これがなくても大丈夫か?」

片づけるべきものを手にとったら、いろんなことを考え、自分に問いかけますよね。片づけのプロやミニマリストたちも色んなパワーワードを教えてくれています。
「これは私を幸せにしてくれるか?」とか「これはときめくか?」など。
それらを色々試してきたのですが、最近たどりついたのが、

「これがなくても大丈夫か?」

でした。洋服、雑貨、書類、結構いろいろに使えます。
それで「いや、まだ使いたい!」「なかったら困るw」というものは手元に残します。


逆に絶対問いかけてはいけない地獄のNGワードもあります。

「これはまだ使えるか?」

この豊かな現代日本で、もう使えないもののほうが少ない。ていうか、使えなくなったら、人間さすがに捨てるものです。まだ使えるから何となく残っているわけで。

 

あと、もうひとつ最近感じているのが、

買って良かった!と思えるものだけ残す

ということ。
洋服や靴なら、デザインと着心地・履き心地、両方がクリアされているものに絞るのです。自分で買った時点でデザインは基本的にクリアしているはずです。あとは着心地や履き心地がいいか?この「心地」が悪いと結局使わない。
最近あるブランドの靴を買い、あまりに「買って良かった!」と思ったので、結局3足色違いで買いました。同じ型の靴なので履き心地は同じ、この数か月どれもヘビロテです。

雑貨や化粧品も、使い心地が悪いものは捨てると、むしろスッキリした気分になることが多いです。
使い心地は、最初はよくてもだんだんダメになったり、自分が変わることによって合わなくなることもある。まあ今の自分にあうものだけを厳選すると良いのかなと思えるようになってきました。

まだまだミニマリストには程遠いですが、少しずつ進めていこうと思います。